定期的な外壁塗装の必要性と塗り替え時期の目安について

外壁は塗装を定期的に塗ることが家を長持ちするための秘訣といえます。

塗装を塗るということは景観的な部分で見栄えがいいということもありますが、それよりももっと重要となる定期的な外壁塗装が必要な理由があります。 それは、塗装には防水の役割があるためです。長期間住居となる家出生活していると、塗装の剥がれた隙間から建物の内部へと水分がしみこみやすくなります。日本の場合は地域によって差は存在しますが高温多湿という気候もあるため、湿度などによって水分が建物内内部に浸透することで断熱材などにカビなどが発生しやすくなってしまいます。また、湿気を吸った木材には家にとって有害なシロアリが寄ってきやすいというデメリットが存在します。こうした家のダメージ要因を防ぐために家の外壁に塗装をすることで防水機能を向上させ、家を長持ちさせるという役目を果たすわけです。 

塗り替え時期の目安については、最初の外壁塗装は仮に新築の家を例とした場合には塗装素材にもよりますが大体7年から10年を目安とします。二回目、三回目などの場合はそれよりも長い12年から13年くらいを目安として塗装していきます。外壁などにひび割れなどが発生した場合には塗り替えのサインといえます。